【福岡の居酒屋スタッフブログ】自宅で九州の味を堪能できる調味料

九州に観光に行った後は、しばらく余韻に浸っていたい方も多いかと思います。

また、お土産を購入し、自宅でも九州の味を堪能できれば最高ですよね。

今回は、そんな方々に向けて、九州の味を楽しめるおすすめの調味料をいくつか紹介したいと思います。

気になるものはぜひチェックしてみてください。

自然一醤油

自然一醤油は、佐賀のご当地調味料です。
明治34年創業の“丸秀醤油”が作る醤油で、原料の小麦には筑紫平野で育った佐賀産の“シロガネ”、大豆には遺伝子組み換えをしていない丸大豆を使用しています。
最初の工程の麹づくりから十分に熟成させ、食卓に届くまでに約2年の歳月を要するこだわりの一本です。
また、この2年という時間の中で、調理素材の持ち味を引き出す300種類以上の香り成分、深い味わいが醸し出されます。

よろん島 きび酢

よろん島 きび酢は、鹿児島・与論島のご当地調味料です。
与論島に古くから伝わるさとうきび酢で、さとうきびの搾り汁を長時間煮込み、黒糖に固まる直前の黒蜜糖を、昔ながらの壷でゆっくりゆっくり発酵させています。
与論島のさとうきびだけを原料に、空気中の酵母菌、酢酸菌で天然発酵させているため、自然な甘さ、まろやかさに仕上がっています。
ちなみに、この商品には、オーソドックスな“伝統 きび酢”、こだわりの海洋深層水で仕込んだ“深層水 きび酢”、天然サンゴカルシウムが溶かしこまれた“星砂 きび酢”の3種類があります。
お酢が苦手な方も、一度購入してみてください。

めんたいマヨネーズ

めんたいマヨネーズは、福岡のご当地調味料です。
こだわりの明太子を作る“やまや”の商品で、水を一切使用せず、日本酒ベースの秘伝タレに漬け込んだ明太子をマヨネーズと合わせています。
手軽に使えるチューブタイプで、パスタに和えたり、サラダに添えたりして食べられます。
また、野菜スティックのディップソースにも使えるほか、パンに塗ってトーストで味わうなど、アイデア次第でさまざまなメニューを生み出すことができます。
明太子のプチプチした食感と、まろやかなマヨネーズがうまく絡んだ味わいは、調味料とは思えない濃厚な美味しさです。

まとめ

ここまで、自宅でも九州の味を堪能できるご当地調味料を3つほど紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか?
前述の商品を見つけた暁には、ぜひ九州の食材と併せて、お土産として買って帰っていただきたいと思います。
福岡市南区や春日市で居酒屋をお探しの方は、骨折り餃子がおススメの当店貴月に是非ご来店下さい。
スタッフ一同、真心を込めてお迎えさせて頂きます!

コラム
博多骨折り餃子貴月公式ホームページ
タイトルとURLをコピーしました