【福岡の居酒屋スタッフブログ】評価が高い九州の日本酒3選

“九州=お酒”というイメージは強く、実際に全国的な人気を誇るお酒は数多く存在します。
中でも、九州の日本酒は多くのお酒好きの方に愛されていて、お土産として購入して帰る方は後を絶ちません。
ここからは、特に評価が高い九州の日本酒を3つほど紹介したいと思います。

光栄菊

光栄菊(こうえいぎく)は、佐賀の“光栄菊酒造”が造る日本酒です。
日本酒と聞くと、お酒好きの方以外には少し飲みづらいというイメージがあるかもしれませんが、この光栄菊は違います。
光栄菊には、バニラの香りとアプリコットのニュアンスが広がる“Sunburst”や、爽やかな甘酸っぱさの“黄昏 Orange”、ブドウやマスカットのフルーツ感が心地良い“Hello! KOUEIGIKU 雄町”など、飲みやすいラインナップが多数取り揃えられています。
もちろん、どれも日本酒ならではのキリッとした飲み口を兼ね備えているため、一口飲んだときの満足感は非常に高いです。

鍋島

鍋島(なべしま)は、佐賀の“富久千代酒造”が造る日本酒です。
日本酒ならではの香りの高さ、パンチのある飲み口だけでなく、どこか柔らかさも兼ね備えています。
中でも“特別純米酒”は、国内外の専門家が集う“国際酒祭り in Tokyo”の日本酒部門で日本一を獲得した、鍋島のもっとも有名な銘柄の1つです。
上品な香りと爽やかな酸味、スッキリした切れ味が特徴で、味わいに透明感があり、芳醇さが鍋島の中では珍しく軽い印象があるため、食前酒にも適しています。
また、刺身や魚介類、山菜など、料理との相性も抜群です。
ちなみに、受賞歴がある有名な銘柄としては、豊かな吟醸香と甘みが素晴らしい“大吟醸”も挙げられます。

福田

福田(ふくだ)は、長崎の“福田酒造”が造る日本酒です。
長きに渡って地元で愛され続ける銘柄で、さまざまな味わいの日本酒が取り揃えられています。
特に、華やかな香りと米の旨みが見事に調和した“長崎美人 大吟醸”や、低温熟成による豊かな熟成香が特徴の“福鶴 吟醸古酒”などは、贈答用として人気が高いです。
ちなみに、福田酒造は敷地内に酒の博物館を併設していて、酒造りの歴史や昔の道具などの資料を見学することもできます。
長崎を訪れる機会があれば、ぜひ立ち寄っていただきたいですね。

まとめ

ここまで、全国的に評価が高い九州の日本酒を3つほど紹介しましたが、気になるものはありましたか?
当店貴月では、日本酒などのお酒と相性の良い数々の一品料理を提供させていただいております。
福岡市南区や春日市で居酒屋をお探しの方は、骨折り餃子がおススメの当店貴月に是非ご来店下さい。
スタッフ一同、真心を込めてお迎えさせて頂きます!

コラム
博多骨折り餃子貴月公式ホームページ
タイトルとURLをコピーしました