【福岡の居酒屋スタッフブログ】九州の意外な名物料理3選

大阪や広島といえばお好み焼き、沖縄といえば沖縄そばといったように、全国の各都道府県には、そのエリアを代表する名物料理があります。
また、九州グルメの中には、一般的に別の都道府県のイメージが強い名物料理がいくつか存在します。
今回は、そんな意外な九州の名物料理を3つほど紹介したいと思います。

釜揚げうどん

釜揚げうどんと聞くと、讃岐うどんで有名な香川を想像する方も多いでしょう。
ただ、実は釜揚げうどんは、宮崎を中心とした食べ方とされています。
具体的には、茹でたうどんを釜からすくい上げ、温かいつゆにつけて食べるというもので、茹でたてのうどんはモチモチとした歯ごたえが楽しめます。
また、宮崎の釜揚げうどんは他の地域と比べて麺が細く、喉越しが良いのが特徴です。
濃厚な茶褐色の麺つゆには、かつお節や昆布、いりこや干しシイタケなどが使用され、濃厚な旨みと香りが口いっぱいに広がります。

タコライス

タコライスは、沖縄発祥の料理として有名ですが、実は鹿児島でもよく食べられていて、鹿児島のご当地グルメとして紹介されることもあります。
牛ひき肉、ニンニク、タマネギ、ピーマン、塩コショウ、チリパウダーなどを合わせて作った“タコミート”をご飯の上に乗せ、千切りのチーズやレタス、トマトなどをトッピングし、最後にサルサをかけて仕上げます、
ピリッと辛いタコミートとサルサは、野菜やチーズが加わることでマイルドな味わいとなるだけでなく、ご飯と野菜のつなぎとしても活躍してくれます。

ふぐ料理

ふぐといえば、やはり山口の“下関ふぐ”が有名ですよね。
ただ、実は大分でも、新鮮なふぐ料理が名物料理として提供されています。
大分・臼杵市に水揚げされるふぐは、ふぐの中でも王様といわれる“トラフグ”で、色つやが良く、身が締まっています。
また、なんといっても新鮮なところが特徴で、中でもふぐの刺身は身が厚く絶品です。
一口噛んだ瞬間の歯ごたえと、口の中いっぱいに広がる独特の風味と旨みは、一度味わうと病みつきになります。
ちなみに、刺身以外にも、てっちり(ふぐ鍋)や雑炊、唐揚げやヒレ酒など、さまざまな形で楽しむことができます。

まとめ

ここまで、九州の意外な名物料理を3つほど紹介しましたが、気になるものはありましたか?
前述のような意外な名物料理を知ると、これまでとはまた違った九州グルメの楽しみ方ができるでしょう。
福岡市南区や春日市で居酒屋をお探しの方は、骨折り餃子がおススメの当店貴月に是非ご来店下さい。
スタッフ一同、真心を込めてお迎えさせて頂きます!

新着情報
博多骨折り餃子貴月公式ホームページ
タイトルとURLをコピーしました