【福岡の居酒屋スタッフブログ】九州の美味しいご当地焼きそば

夏に食べたい麺類の1つとして、“焼きそば”が挙げられます。
夏祭りにおける定番グルメであり、焼きそばに目がないという方も多いのではないでしょうか?
今回は、他のエリアではなかなか食べられない、九州の美味しいご当地焼きそばをいくつか紹介します。
気になるものはぜひチェックしてみてください。

日田焼きそば

日田焼きそばは、大分のご当地焼きそばです。
一般的な炒める焼きそばとは違い、鉄板上で一部が焦げるほど硬めに焼く麺に特徴があります。
日田市の焼きそば専門店“想夫恋”が考案した料理で、味付けにはソース、具材にはもやし、ネギ、豚肉が主に使用されます。
日田市内のラーメン店を中心に多く提供されていて、現在は周辺の都市、福岡等でも日田風の焼きそばを提供する店舗が増えています。
シンプルながら、独特な歯ごたえが感じられる味わい深い焼きそばですね。

あんかけ焼きそば

あんかけ焼きそばは、宮崎のご当地焼きそばです。
茹でた麺をフライパンでサッと焼き、オリジナルのスープをたっぷりかけて仕上げています。
見た目は長崎の“皿うどん”のようなイメージですね。
全国のB級グルメが集まる“B-1グランプリ”にも出展されるなど認知度は抜群で、先駆けは北海道や長野ではあるものの、延岡市にある老舗“珉珉”が発信地となり、普及していきました。
珉珉のあんかけ焼きそばは、圧倒的なボリュームと、豚骨・地頭鶏から出汁をとったダブルスープのあん、キャベツや椎茸、白菜やタマネギなど十数種類にもおよぶ豊富な具材が特徴です。
柔らかな細麺も喉越し抜群で、気づいたらペロッと平らげてしまうような一品ですね。

酢醤油焼きそば

酢醤油焼きそばは、佐賀のご当地焼きそばです。
有名店の1つである白石町の“ドライブイン アミーゴ”では、“ムシェンバ”という名前で提供されています。
酢醤油で蒸し上げる焼きそばのため、良い具合に香ばしく、麺には少しおこげの部分も見られます。
また、その味わいは非常にサッパリしていて、ラー油も少し利かせてあるため、ご飯との相性も抜群です。
暑い夏、食欲をそそる焼きそばが食べたいという方は、ぜひ試してみてください。

まとめ

ここまで、九州の美味しいご当地焼きそばを3つほど紹介しましたが、いかがでしたか?
当店貴月でも、今回紹介した焼きそばのように、暑い夏にガッツリ食べたい揚げ物、焼き物等を多数提供させていただいております。
福岡市南区や春日市で居酒屋をお探しの方は、骨折り餃子がおススメの当店貴月に是非ご来店下さい。
スタッフ一同、真心を込めてお迎えさせて頂きます!

コラム
博多骨折り餃子貴月公式ホームページ
タイトルとURLをコピーしました