【福岡の居酒屋スタッフブログ】現地で味わいたい九州グルメ3選

九州に訪れたら、各エリア自慢の名物グルメをぜひ堪能しましょう。
各エリアの名物を堪能し、本場の味というものを体験してこそ、九州というエリアの魅力が理解できます。
今回は、中でも特に現地で味わっていただきたい、おすすめの九州グルメを3つほど紹介したいと思います。

屋台名物焼きラーメン

屋台名物焼きラーメンは、福岡の美味しい屋台グルメです。
とんこつラーメンで有名な博多・天神の屋台“小金ちゃん”が発祥で、作り方としては、茹でたラーメンとチャーシューなどの具を鉄板で焼きそばのように炒め、煮詰めたとんこつスープとウスターソースを麺に絡めます。
ソースの香ばしさと、とんこつスープのコクを一緒に楽しむことができ、現在ではキャベツなどの具を増量したものや、マヨネーズをかけて食べるものなど、店によってさまざまなバリエーションが楽しめます。
また、味は濃いめであるため、お酒のお供としても重宝されています。

高菜ライス

高菜ライスは、福岡が生産量日本一の高菜漬けを使ったご飯ものです。
卵を入れ、チャーハンと同じような要領で作る場合と、油で炒めた高菜漬けを温かいご飯に混ぜ合わせる調理法があり、福岡では主食として、ラーメンのお供としてよく食べられています。
チャーハンタイプの高菜ライスは、細かく刻まれた高菜漬けと溶き卵、ご飯などを炒め、醤油や塩、ゴマなどを入れて、味を調えれば完成です。
ちなみに、高菜ライスに用いられる高菜漬けは、無料で食べられるラーメン店の卓上アイテムとして人気で、高菜ライスは学校給食でも食されています。

お方ずし

お方ずしは、大分のご当地グルメです。
竹中地区に伝わる寿司で、その昔、農繁期に入る前の“地獄入り”に、“お方(庄屋)”が農家の人々に振る舞ったのが名前の由来とされています。
具はシンプルに煮豆と焼きアジだけで、形は俵型をしています。
七輪でじっくり焼いた味の旨みと、一晩水に浸し、丹念に煮込まれたうずら豆の優しい味わいは、他の料理ではなかなか味わえない絶妙なバランスを保っています。
大分に訪れた際は、ぎっしりと詰まった郷土の歴史をぜひ味わってください。

まとめ

今回は、現地で味わうことをおすすめする九州グルメを3つ紹介しましたが、いかがでしたか?
現地で味わって美味しかったものがあれば、駅や空港などでお土産品として販売されていないかも、ぜひチェックしましょう。
福岡市南区や春日市で居酒屋をお探しの方は、骨折り餃子がおススメの当店貴月に是非ご来店下さい。
スタッフ一同、真心を込めてお迎えさせて頂きます!

コラム
博多骨折り餃子貴月公式ホームページ
タイトルとURLをコピーしました