九州に訪れたらぜひ食べてほしいブランド豚を紹介します

福岡のみならず、九州の各県はあらゆるグルメで溢れ返っています。
したがって、今回は、旅行で九州に訪れたらぜひ食べていただきたい“ブランド豚”をいくつか紹介します。
九州のブランド豚は全国的に有名なものが多く、提供されている飲食店や購入できる店舗も多いため、ぜひチェックしてみてください。

九州に訪れたら食べてほしいブランド豚①黒豚

黒豚は、鹿児島のブランド豚であり、日本を代表するブランド豚でもあります。
筋繊維が細かく、肉質の締まりに優れているのが特徴です。
そのため、歯切れが良く独特の小味があり、この唯一無二の美味しさは、あの西郷隆盛も愛したと言われています。
鹿児島に訪れた方は、ぜひご賞味ください。

九州に訪れたら食べてほしいブランド豚②きなこ豚

きなこ豚は、宮崎県の澄んだ空気と、清水流れる大自然の中で、きなこを食べて育つ健康なブランド豚です。
豊かな植物性タンパク質で、甘みが増した脂は絶品です。
また、栄養たっぷりで健康に育てられているため、旨みもまろやかで、さまざまなメニューに向いています。
きなこ豚を初めて食べる方は、豚肉本来の味が楽しめ、保水性が高く弾力のある肉質を堪能できるしゃぶしゃぶがおすすめです。

九州に訪れたら食べてほしいブランド豚③あかね豚

あかね豚は、長崎県のブランド豚です。
地下から湧き出る天然水を飲み、米を混ぜた飼料で育てられることで、旨み成分で知られるオイレン酸を豊富に含んだ、ヘルシーで美味しい豚肉に仕上がっています。
特に、脂の乗りが良いロースは、豚しゃぶにすると絶品と評判で、地元では、名産のじゃがいもと組み合わせた“あかね豚コロッケ”も販売されています。

九州に訪れたら食べてほしいブランド豚④茶美豚

茶美豚(ちゃみとん)は、鹿児島が誇る黒豚に続く新ブランド豚で、近年その人気と知名度をグングン上昇させています。
粉末緑茶とその成分であるカテキン、さつまいもが入った飼料で育ち、とても美味しく仕上がっています。
また、他の豚よりもビタミンEが豊富に含まれており、コレステロール含有量も20%減と、健康に気を遣う方に打ってつけの肉質だと言えます。

まとめ

ここまで、九州に来たらぜひ食べていただきたいブランド豚をいくつか紹介しました。
当店貴月でも、“煮込み炙り豚足”や“長崎雲仙ハム”など、豚を使用したメニューをいくつか提供させていただいております。
福岡市南区や春日市で居酒屋をお探しの方は、骨折り餃子がおススメの当店貴月に是非ご来店下さい。
スタッフ一同、真心を込めてお迎えさせて頂

コラム
博多骨折り餃子貴月公式ホームページ
タイトルとURLをコピーしました