【福岡の居酒屋スタッフブログ】お土産に最適な九州の調味料

九州で自分用のお土産を購入する際は、家でも九州の味を堪能できる調味料をチェックするべきです。
九州には、他のエリアにはあまり見られない地域色の強い調味料が数多く販売されています。
ここからは、中でも使い勝手が良く、お土産として最適な九州の調味料を3つほど紹介したいと思います。

乙姫様

乙姫様は、宮崎の調味料です。
甘口が主流といわれる九州しょうゆの中でも、際立った甘さを持つ日南市の刺身醤油で、濃厚な風味とコクが味わえます。
脂の乗った赤身魚との相性が良く、刺身やお寿司にはピッタリですね。
また、煮物に使っても、その甘さでまろやかな上品な味に仕上がります。
塩分を抑えて造られているため、身体に優しく子どもにも安心です。
ちなみに、地元の子どもには、乙姫様を使った“しょうゆ餅”や“卵かけご飯”が人気を博しています。

畑の貴婦人

畑の貴婦人は、熊本の調味料です。
県内有数の大豆の産地である嘉島町の特産品として、地域の女性有志が知恵を絞って開発したヘルシードレッシングです。
嘉島大豆のペーストをグレープシードオイルで溶き、天草の塩、きび砂糖、醸造酢などを加えたもので、口泡たりはまろやかでコクもたっぷりです。
まるでマヨネーズのようですが、もちろん卵は未使用で、カロリーと脂質も控えめに作られています。
植物性タンパク質の代表格である大豆と、オレイン酸やビタミンEが豊富なグレープシードオイルの組み合わせは、まさに“畑の貴婦人”たるゆえんですね。

あごだし粉末

あごだし粉末は、長崎の調味料です。
長崎特産のアゴ(トビウオ)を焼いて干した“あごだし”は、香りが良く上品でコクのある出汁が取れます。
九州では定番の出汁で、その美味しさは全国的にも知られるようになってきました。
また、あごだし粉末はアゴを細かく粉末にしたもので、材料はアゴ100%です。
味噌汁を始め、炊き込みご飯やおひたし、煮物や茶わん蒸しなど、いろいろな料理の出汁として、手軽に幅広く使えるのが嬉しいですね。
ちなみに、あごだし粉末には味が付いていないため、塩や海苔と合わせて、ご飯のふりかけにして食べるのもおすすめです。

まとめ

ここまで、お土産として買って帰りたい九州の調味料を3つほど紹介しましたが、気になるものはありましたか?
九州が好きな方は、地元の飲食店でたっぷりご当地グルメを満喫した後、自宅でも九州の味を堪能しましょう。
福岡市南区や春日市で居酒屋をお探しの方は、骨折り餃子がおススメの当店貴月に是非ご来店下さい。
スタッフ一同、真心を込めてお迎えさせて頂きます!

コラム
博多骨折り餃子貴月公式ホームページ
タイトルとURLをコピーしました