【福岡の居酒屋スタッフブログ】九州のブランド魚3選

九州は魚介類が豊富に獲れる地域であり、各エリアにはたくさんの“ブランド魚”が存在します。
また、全国に同じような種類のものはあっても、特定のブランド魚は実際そのエリアまで訪れないとなかなか食べられません。
今回は、そんな魅力的な九州のブランド魚を3つほど紹介します。

宮崎カンパチ

宮崎カンパチは、宮崎のブランド魚です。
比較的高い水温を好むカンパチにとって、黒潮が流れる日向灘はとても住みやすい海域です。
また、その良好な漁場で、稚魚のころから成魚になるまで一貫した飼育管理体制によって養殖されているのが“宮崎カンパチ”です。
漁連が指定した飼料を与えて病気防止措置を講じるなど、厳しい管理体制のもとさまざまな工夫によって品質を向上させ、新鮮なカンパチの歯ざわりや切り身の透明感が長く保たれる“自動活け締め脱血装置”で加工するのが特徴です。
ちなみに、宮崎カンパチは、宮崎の水産物ブランド品第一号として認定されています。

野母んあじ

野母んあじ(のもんあじ)は、長崎のブランド魚です。
長崎は真アジ漁が盛んで、その品質も評価が高いです。
また、その中でも、野母崎沖で一本釣りされたもので、体長が26cm以上、重さ300g以上のものには、最高級のアジとして“野母んあじ”というブランド名が与えられます。
一本釣りには、漁獲の際に魚が傷つきにくいという長所がありますが、野母んあじの漁では釣り上げてからも手を触れず、竿から船内の生け簀にそのまま放たれるため、より自然の状態を維持できます。
まさに、漁師の技と愛情があってこそ生まれたブランド魚だと言えるでしょう。

門川金鱧

門川金鱧(かどかわきんはも)は、宮崎・門川町のブランド魚です。
門川町は日向灘に面しているため漁業が盛んであり、鱧も多く漁獲されています。
また、以前は関西方面にその多くを出荷していましたが、近年はブランド力が浸透し、“門川金鱧”として地元で消費されることも多くなってきました。
水揚げされてから、ストレスを取り除くため4日以上畜養するなど、品質が向上する取り組みが行われているこだわりの魚です。
白身で脂肪がある割に淡泊な味の鱧は、滋養食としても多くの方に好まれています。

まとめ

ここまで、九州に訪れなければなかなか食べられないブランド魚を3つほど紹介しました。
当店貴月でも、実際足を運んでもらうことで、もっとも美味しい状態で食べられる料理をいくつも提供させていただいております。
福岡市南区や春日市で居酒屋をお探しの方は、骨折り餃子がおススメの当店貴月に是非ご来店下さい。
スタッフ一同、真心を込めてお迎えさせて頂きます!

コラム
博多骨折り餃子貴月公式ホームページ
タイトルとURLをコピーしました