九州地方に訪れた方に堪能してほしい絶品海鮮料理

九州地方には、魚や貝などの海鮮が獲れるエリアがとても多く、それらを使ったご当地海鮮料理も数多く存在します。
今回は、おそらく九州以外に住んでいる方は口にしたことがないと思われる、絶品のご当地海鮮料理をいくつか紹介しますので、興味がある方はぜひご覧ください。

九州地方に訪れた方に堪能してほしい海鮮料理①ムツゴロウの蒲焼

ムツゴロウの蒲焼は、佐賀のご当地海鮮料理です。
そのユニークな外見に反して、抜群の美味しさを誇る水陸両生魚であるムツゴロウを、生きたまま串に刺し、素焼きをしてから、ウナギの蒲焼用のタレに浸して焼いたものです。
真っ黒に焼き上がったムツゴロウは、身がほどよく締まっており、観光客からは、「ウナギより美味しい」という声も多く挙がっています。

九州地方に訪れた方に堪能してほしい海鮮料理②つけあげ

つけあげは、魚のすり身と野菜を使った、鹿児島のご当地揚げ物料理です。
琉球に魚肉のすり身で作る“チリアギ”という揚げ物料理があり、それが薩摩に伝わったのが、つけあげの発祥と言われています。
魚のすり身に使われるのは、イワシやトビウオなどの脂肪分の少ない白身魚であり、野菜にはさつまいもやにんじん、ごぼうなどが使用されています。

九州地方に訪れた方に堪能してほしい海鮮料理③地獄蒸し

地獄蒸しは、大分・別府のご当地海鮮料理です。
常に噴出している温泉の蒸気を利用し、さまざまな食材を蒸すことで、旬の野菜や地元で獲れた新鮮な魚介類などに、温泉の滋味も付加させて、味わい深いものにします。
素材には、地元で獲れたカニやエビ、魚やサザエなどが使用され、卵が使用される場合は、温泉卵ならぬ“地獄蒸し卵”と呼ばれます。

九州地方に訪れた方に堪能してほしい海鮮料理④あゆの姿ずし

あゆの姿ずしは、熊本のご当地海鮮料理です。
さわやかな香気、独特の風味を持つ“球磨川鮎”を丸ごと使ったインパクトのある一品で、昆布で炊き上げた酢飯の上に、ワサビと酢で締めた鮎を開いて乗せるという、とてもシンプルものです。
清涼感のある新鮮な鮎の風味と、酢飯との絶妙なハーモニーを堪能できます。

まとめ

ここまで、九州地方に訪れた方にぜひ堪能してほしい、絶品海鮮料理をいくつか紹介しました。
当店貴月でも、豪華な刺身盛りや地ダコの唐揚げ、天使のエビフライなど、新鮮な魚介類を使用した絶品海鮮料理を多数提供させていただいております。
福岡市南区や春日市で居酒屋をお探しの方は、骨折り餃子がおススメの当店貴月に是非ご来店下さい。
スタッフ一同、真心を込めてお迎えさせて頂きます!

コラム
博多骨折り餃子貴月公式ホームページ
タイトルとURLをコピーしました